神奈川県神道青年会
すわじんじゃ
諏訪神社
ありし日をもう一度思い起こさせてくれるようなお社です。
神様 建御名方神 ( たけみなかたのかみ )
五十猛命 ( いたけるのみこと )
日本武尊 ( やまとたけるのみこと )
保食神 ( うけもちのかみ )
天照大御神(あまてらすおおみかみ)
お祭り日 10月7日近い日曜日 例大祭
場所 川崎市高津区諏訪3-16-48
交通 東急田園都市線『二子新地駅』から徒歩5分
TEL 044-833-2585
FAX 044-833-2585
 いわれ 信濃国の豪族諏訪安藝守源頼忠の末孫、諏訪左近頼久なる者が天正十八年 (1590年)、 主家北條左京大夫の許を離れ此の地に来り、慶長年中、深く崇拝する信州諏訪大社の大神の分霊を受け守護神としてここに勧請せり。爾来近郷の鎮守として崇敬され、明治三十二年、省令に依り、諏訪社に杉山社、大陸天社、神明社、稲荷社を合祀し諏訪神社と総稱。現在の御社殿は大正初期の造営に成り、大正四年四月、遷宮祭を執行す。昭和三年神饌幣帛料共進社に指定された。
浜川社の祭神須佐之男命は荒ぶる神として祀られていましたが、当神社御祭神天照大御神と一緒に村内の人々に信仰されてきました。いつの頃よりか厄神様として困難や災いを笑い吹き飛ばす神様として今でも親しまれております。
 まつり 1月1日元旦祭
2月3日節分祭
4月7日祈年祭
5月5日端午の節句
10月7日に近い日曜日例大祭
10月11日七五三
12月31日除夜祭
 ご案内 初宮参り、七五三、厄除、地鎮祭などその他電話予約にて承ります。ご相談ください。